ホーム>スタッフブログ>2019年3月
タイヤを換えれば走りが変わる

ミシュラン プライマシー4

東大阪市在住のO様が御来店

 

御車=トヨタ クラウンマジェスタ

商品=ミシュラン プライマシー4  215/55R17

 

2019330144443.jpg2019330144524.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019330144653.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

O様、ありがとうございました
またの御来店心より御待ちしています

 

 

 

 

 

 

 

 

TOYO TIRE TRANPATH mpZ

奈良県在住のU様が御来店

 

御車=トヨタ アルファード

商品=トーヨー トランパスmpZ  235/50R18

 

*御車の画像はオーナー様からNGでした

*御買上げ頂きました商品を撮影するの忘れてました

 

U様、ありがとうございました
またの御来店を心より御待ちしています

 

ロードストーン N-Blue

東大阪市在住のO様が御来店

 

御車=トヨタ Bb

商品=ロードストーン N-Blue  185/55R15

 

201932912507.jpg201932912518.jpg

O様、ありがとうございました
またの御来店を心より御待ちしています

 

 

トーヨータイヤ ナノエナジー3プラス

東大阪市在住のT様が御来店

 

御車=トヨタ アクア

商品=トーヨー ナノエナジー3+

    195/45R17 NE3+

 

*オーナー様から御車の画像はNGだったので御買上げ

 いただきました商品画像を掲載しておきます

 

2019328153040.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T様、ありがとうございました
またの御来店を心より御待ちしています

 

ダンロップ ルマン5

東大阪市在住のF様が御来店

 

御車=トヨタ ウィッシュ

商品=ダンロップ ルマン5

            195/60R16 LM705

 

*自動車の画像はNGだったので御買上げ商品を掲載しておきます

 

 

 

 

2019326102742.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F様、ありがとうございました
またの御来店心より御待ちしております

 

トーヨータイヤ トランパスLuⅡ

東大阪市在住のU様が御来店

 

御車=三菱 デリカ
商品=トーヨー トランパスLuⅡ 225/55R18

 

*御車への装着はオーナー様が御自分でなされるので
 御車の画像はありません

*御買上げいただきました商品を掲載しておきます

 

20193239564.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

U様、ありがとうございました
またの御来店を心より御待ちしております

 

最新のコンセプトタイヤ 「AERO(エアロ)」を発表

プレスリリース

ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(以下グッドイヤー)は、
2019年のジュネーブ国際モーターショーにおいて、最新のコンセプトタイヤを発表しました。
グッドイヤーの「AERO」は、未来を想像した空飛ぶ自動車用に設計されたコンセプトタイヤです。
「ツーインワンタイヤ」をコンセプトに地上を走行するためのタイヤとしても空を飛ぶためのプロペラとしても機能します。


グッドイヤーは120年以上にわたって、輸送における変革と発見を推進してきた
パイオニアたちとともに革新と発明を徹底的に追及してきました。
都市交通や渋滞による課題に直面しているモビリティ企業がその答えを空に求めている状況から、
グッドイヤーの高度なタイヤ構造とそれを可能にする素材研究の対象が、
従来の路上走行のためのタイヤ機能と空中での推進システム機能の両方を併せ持った
車輪のイメージに繋がってきました。」
(クリス・ヘルセル グッドイヤー・チーフ・テクノロジー・オフィサー)


「AERO」のコンセプトには、多くの革新的な特徴があります。

    ・マルチモーダルデザイン:「AERO」は、マルチモーダル*な傾くローターをコンセプトにしています。
     従来のタイヤの向きにおいては、路面への力の伝達や路面からの力の吸収を、また、タイヤが傾くこと  によって車両が持ち上がる揚力を与えるための動力伝達装置としての役割を果たします。
     この車両の実現は、未来の通勤者にとって、地上と空中のシームレスな移動に自由を与えることができ  ます。


    *従来のタイヤの地上での使用環境を超え、空中での使用環境をも考慮し多面的に設計された

    ・非空気式(エアレス)構造:「AERO」のスポークは車両の重量を支え、タイヤが傾くことによって
      車両を持ち上げるための揚力を与えるファンブレードとしての機能を持ちます。
      このユニークなエアレスタイヤは、路上走行時の衝撃を和らげるのに十分な柔軟性と、
      車両に揚力を与えるためのローターの高速回転を支える強度を併せ持つ非空気式構造を採用しています。


    ・磁気推進力:「AERO」は、摩擦のない推進力を実現するために磁力を使用します。
      これにより車両が路上走行するために必要な高い回転速度を可能にし、
   また車輪が傾けられたときに車両を空中に持ち上げ前方に推進する力を与えます。


    ・オプティカルセンシング技術: 「AERO」は光ファイバーセンサーを使用し、
  路面状況タイヤの磨耗およびタイヤ自体の構造健全性をモニターします。


    ・人工知能(AI):「AERO」は、タイヤのセンサーから受け取る情報と、
  車両間および車両とインフラ間で伝達される情報を組み合わせるAIプロセッサーを特徴とします。
  このAIプロセッサーは、これら一連のデータを分析し車両が飛行または運転モードに切り替わることを   可能にし、次のアクションへのリコメンドをします。
  また、起こり得るタイヤ関連の問題を事前に察知し解決することも可能にします。


「AERO」はまだ概念上のデザインですが、非空気式構造やインテリジェントタイヤ機能などその特徴的技術 のいくつかは今日までにグッドイヤーによって開発されており、その他の技術も将来的には新しいアイデア や実現の可能性を秘めた新製品の基礎となる可能性があります。

「グッドイヤーのコンセプトは、新しいモビリティエコシステム実現のためのタイヤと輸送技術に関する議論 を引き起こすトリガーになれば。」と、クリス・ヘルセルは締めくくっています。

2019320105935.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        by GOOD YEAR JAPAN

ピレリ チンチュラートP7

東大阪市在住のN様が御来店

 

御車=AUDI A4

商品=ピレリ チンチュラートP7

             245/40R18 2本

 

2019316171719.jpg

2019316171748.jpg

 

N様ありがとうございました
またの御来店心より御待ちしております

 

タイヤローテーションは重要!

今日はタイヤローテーションの必要性について書きます

 

タイヤローテーションで装着位置を変える事によってタイヤライフが伸びます!!
昨今の乗用車でFR車は前後のタイヤサイズが違う物もあるのでローテーションが出来ない場合もありますがそのような御車でない限りローテーションする事でタイヤの寿命が延びます
ここで一例をあげます
御得意様のS社様の御車の場合ただ位置を変えるだけでは無く摩耗状態によってはタイヤをホイールから外して内外を逆に組み直します

201931694341.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様も再度御検討されては如何ですか!!

コンチネンタル プレミアムコンタクト6

12/03/2019


コンチネンタルタイヤ(日本法人: コンチネンタルタイヤ・ジャパン株式会社、所在地: 東京都品川区、代表取締役社長:グレゴリー・メイ)は、
ドイツの自動車雑誌 『Auto Zeitung』  が行ったサマータイヤ評価テストにおいて、
「PremiumContact™ 6(プレミアム・コンタクト 6)」が他を大きくリードして1位を獲得したことを発表いたしました。
テストは、タイヤサイズ235/45R18のコンチネンタルタイヤを含むサマータイヤ9ブランドとオールシーズンタイヤ1ブランドで行われました。
テスト車両はシュコダ・スペルブのステーションワゴンが使用され、ウェットとドライの両路面で性能評価が行われました。


 

PremiumContact™ 6は、ウェット路面での走行で最高150点中142点。
ドライ路面での走行においては150点中135点と高得点を獲得し、総得点300点中277点と2位以降に25点以上の差をつけてテスト勝者に選ばれ、
専門家達からは「最大限の安全性、高いレベルの快適さと優れてダイナミックなハンドリング性」と高い評価を得ました。
『Auto Zeitung』誌の性能評価項目はブレーキング、ハンドリングなどの
従来の評価項目に加え、転がり抵抗やタイヤノイズ、
ロードノイズなどの環境性能を含む全13項目にわたりました。


 

PremiumContact™ 6は、快適性とスポーツ性を融合したスポーティコンフォートタイヤです。
日本国内での発売サイズは、現在15インチから22インチまでの76アイテムで、コンパクトカーからスポーティカー、SUVまで幅広い車種に適合します。

※本プレスリリースは、現地時間2019年2月20日にドイツ・ハノーバー市で発表した内容の参考訳です。
万が一、英文原文と意味合いが異なる部分がある場合には英文が優先されます。

 

2019314133756.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   by コンチネンタル・ジャパン株式会社

 

 

ページ上部へ