ホーム>タイヤと上手に付き合う方法>窒素ガス
タイヤを換えれば走りが変わる

窒素ガス

タイヤの空気はパンクでなくとも、時間の経過に伴い
微量ながらタイヤのゴムを透過して
少なくなっていきます。ここで窒素ガスなのですが、
空気の78%は窒素で構成されており、
残りが酸素や二酸化炭素等です。

じゃあなぜ窒素?

ゴムを透過するのは空気中の窒素以外の物がより多く透過し、窒素はかなり少ないのです。
また、窒素は不活性不燃性ガスなのでタイヤ内部を空気から窒素に変える事でタイヤ内圧管理が 楽になる事と、タイヤの運動(車の走行)による著しい圧力変化を抑制できます。
タイヤ内部が100%窒素ガスになることで分子間の運動もスムーズになり、
微量ながら燃費向上とタイヤの磨耗抑制につながります。
窒素ガスの使用で、お車の簡単リーズナブルなチューンナップを!

ページ上部へ